【申込終了】「Pythonによる対話システムプログラミング ハンズオンセミナー」開催のお知らせ

【申込終了】「Pythonによる対話システムプログラミング ハンズオンセミナー」開催のお知らせ

人工知能先端研究センターでは下記の通り、AIX初となるハンズオンセミナーを開催いたします。セミナーには対話システムの研究者3名を講師としてお招きし、人と対話できるコンピュータである対話システムを実際に作りながら、その仕組みや方法論を学ぶことを目的としております。

参加には以下申込用サイトから事前申込をお願いいたします。みなさまのご参加をお待ちいたしております。

(2020/2/19)定員に達したため、申込を終了しました。お申込みありがとうございました。
(2020/2/26) 新型コロナウィルスの影響により現在イベントの中止・延期を検討いたしております。決定し次第、本サイト及び、参加者の方には直接メールでご連絡いたします。

概要

  • 日時:2020年3月21日(土)13時~17時30分
  • 場所:電気通信大学アライアンスセンター1F「100周年記念ホール」
  • 最大参加可能人数:30人(先着順)
  • 参加費無料、要事前申込

講師

稲葉 通将(電気通信大学 人工知能先端研究センター 准教授)
東中 竜一郎(NTTメディアインテリジェンス研究所 上席特別研究員)
水上 雅博(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 研究員)

スケジュール

  • 13:00-13:15 対話システムとは
  • 13:15-14:00 環境構築とTelegramを用いたオウム返し対話システムの作成
  • 14:10-15:40 天気情報案内システムの作成
  • 15:50-17:20 雑談対話システムの作成
  • 17:20-17:30 クロージング

参加対象者

  • 対話システムの作成をこれから始めてみたい人
  • Windows10,もしくはmacOSのノートPCを持参できること
  • 当日までに持参するノートPCで以下の事前準備が可能であること (参加者には開催日の1週間前までに事前準備用の資料をお送りします)
  • Windows10のみ:Windows Subsystem for Linuxを用いてUbuntu 18.04 LTSをインストール
  • Windows10とmacOSの両方:Visual Studio CodeとTelegram Desktopをインストール
  • プログラミングの知識 (Pythonを使用した経験がなくても,for文やif文などの制御文やクラス,メソッドなどのオブジェクト指向プログラミングの知識があればOKです)

主催・問合せ先